彼女に、「貴方は本当に女心が解らない人ね」と言われた事が男声の皆さんなら必ず1度や2度はあるのではないでしょうか?

その後に、「何で自分は彼女の気持ちがわからないのだろう」と悩み、嘆く必要はありません。何故ならば、悩むだけ時間の無駄で男性には女性の気持ちを正確に理解する事はほぼ不可能だからです。

ジョングレイというアメリカのパートナーシップに関する著書を多く出す、ベストセラー作家、兼男女の関係における心理カウンセラーである彼は、自身の著書の中で、男と女の脳の構造の違いを指摘、お互いを完全に理解し合うことはおよそ不可能であるということを述べています。


 しかし、理解する事は出来なくても、行動、思考の違いを互いに学び対策を立てて接することで、信頼と愛情のある関係性を築く事は可能です。では、実際に男女の脳の構造には具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
脳の構造が違うということは、思考パターン、行動、さまざまなことに違いが生まれるということです。
多くのカップルはそこを理解していないので彼氏や彼女の言動が理解できなかったり、自分が言った些細な言葉に過剰な反応を見せられて、「なんでこんなに怒るんだろう?」と首を傾げるのではないでしょうか。
男女の脳の構造、働きの違いを理解することで、そうした「どうしても理解し合えない感情のすれ違い」を防ぐことができるのです。

では実際にどの様に違うのか見ていきましょう!

まず女性は、左右の脳を結ぶ脳梁が男性よりも太いため、左右の脳神経の結合が強いので、右脳と左脳の情報を交互に操あやつりながら複数のことを同時に処理できます。

また男脳は、言葉をつかさどる領域が左脳にしかありませんが、女脳は、左右の6~7ヶ所に言語中枢が散らばっています。

【女性】
* 感情の情報量が多い
* 男性よりも喜怒哀楽が激しい
* 感情的になりやすい
* 複数のことを同時に行う事ができる
* コミュニケーション能力が高い

それでは、左右の脳を結ぶ脳梁が女性より細い男性は、どのような脳の使い方をしているのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

男脳は、左右の脳をそれぞれ前後に使って情報を行き来させています。

【男性】
* 論理的で、空間認知能力や情報処理能力が高い
* 決断力や直観力が高い
* 地図や表を素早く理解できる

周囲の空間状況を即座に判断する能力が求められる車の運転などは、男性のほうが上手いといわれるのも、この脳の違いのためです。

また、直観力については、初めての場面に遭遇したときなど、動物的な直観力を発揮するのは男性のほうですが、ところが、情緒的な場面になると、一転して女性の直観力が威力を発揮します。

たとえばパートナーの男性のいつもと違うちょっとした変化にも、女性の鋭い第六感が働き、男性の浮気にもすぐ気付きます。

女性の第六感は、右脳・左脳の両方の情報を結合した総合的な判断能力になるので、男性の嘘をすばやく見抜くことができます。

また女性は、この能力が優れているため、子どもの顔色をちょっと見ただけで「いつもとは違う、熱があるんじゃないかな・・」と素早く気づくことができるのです。

右 脳
地図などの空間的な分析、音楽・視覚的な情報の分析、直感的な判断
左 脳
言葉、計算、論理的思考

 
●基本的に男性は論理性、女性は感情に基づいて行動する
男性の脳は論理性を重要視しており、女性の脳は感情に重きを置きます。
そのため、男性の行動はすべて大なり小なり、「目的」というものに志向性を持つ、と言えます。
一方女性は、どんな行動にも「共感」が大きなモチベーションとなっているのです。
これは、人類が狩猟をして生活していた時代の遺伝子情報の影響なのです。
命がけで行う狩猟の際、男たちは最も効率的に獲物を捕らえることが必要だったため、
目的志向の脳が発達したと言われているのです。
それに対して女性は、獲物からいつ襲われるかわからないため、常に周囲と頻繁に会話をしてお互いの存在を確認し合っていたのです。
そのため、女性にとってはコミュニケーションに目的があるのではなく、コミュニケーション自体が一つの目的であったという見方もできます。
また自分たちの住処の周辺で食料の採集を行ったり、衣服をつくったり、料理をしたり子供の世話をしたりしていたため、コミュニティ内での協調性が非常に大切だったのです。
女性は人の表情を読み取る能力が、男性に比べて20倍以上も高いと言われてます。他者との関係性がとても大切な要素だったために、表情を読み取る能力が発達したと言われています。
論理と感情という、相反するものが行動の根底にあるのだとしたら、お互いの言動にカチンときたりわかり合えない瞬間があるのは当然です。
女性からすると男性がいつも理路整然と物事を語るのに冷たい印象を受けるかもしれませんし、男性は女性の、感情的な言動にうんざりしてしまうことがあるかもしれません。まずはこの男女の決定的な違いを頭に置きましょう。
 

●会話は男性にとっては”陳述・報告”、女性にとっては”親密さの象徴
やはり男性は会話にもある種の「目的」を持って行います。
そのため、男性が話しているとき、そこには要点がしっかりあったり、相手にその内容を伝える、という明確な目的があります。
一方女性にとっては、話すこと自体が親密さの象徴のため、会話をしている最中も「目的」や「明確に伝えたいこと」があるわけではありません。
そのため、脈絡なく会話があっちに行ったりこっちに行ったり迂回するため、男性にとっては要点は何なのかをつかめないままストレスを感じる、という状況が生まれます。
会議中や職場などの外では男性の発言が圧倒的に目立つのに対し、家庭での会話はというと、男性はじっと黙ったまま、女性が一人で話し続けている、なんていう状況は、なじみのある家庭像ではないでしょうか。
女性が何かを話をするときは、自分の話に感情移入してもらい、共感してほしいだけなのです。


 

●男性は挫折を、女性は拒否されることを恐れる
男性は「何かを自分でやり遂げること」が、存在証明になっているのです。というのは、先にも述べた通り、全ての行為には目的への志向性を持つからです。
狩猟時代からの影響で、獲物を仕留めることが男性の使命だったのです。途中で男性の仕事が失敗してしまったり、何かを解決できぬまま終えることは、男性にとっては能力を証明できなかったということになるのです。男性で仕事の失敗による自殺が多いのはそのためです。
そのことを理解していないと、女性の何気ないひと言が男性を無意識のうちに傷つけてしまうことがあります。
例えば、どこかに向かっているとき、道に迷ってしまったとします。男性は一生懸命地図を見ながら正しい道を探そうと格闘しています。そんなとき、女性が「ねーまだわかんないの?そこらへんの人に聞こうよ」と言ってしまったとき。
女性は助け舟のつもりで言った言葉かもしれませんが、男性は、行き先を自分の力で見つけられなかった、という「挫折」を感じてしまうのです。
女性からすると「そんなことで傷つくの?」ということかもしれませんが、男性の心理を理解し、彼が正しい道を見つけるのをじっと見守ってあげましょう。
それに対し女性は「拒絶される」ということを恐れています。
女性はどんなに仕事上で失敗してしまおうと、自殺を考えることはありません。やはり女性にとっての最大の悩みになるのは、人間関係が圧倒的に多いのです。
女性にとって人間関係というものは生きていく上でとても多きな比重を占めています。よって、「人から拒絶されること」を極度に恐れているのです。
細かな感情には鈍い男性に少し冷たい態度を取られると、自分の存在が拒絶されたかのような心境に陥ってしまうのです。
 

 
●ひとつのことしか見えなくなる男性、過去をいつまでもひっぱりだす女性
狩猟時代から続く男女の遺伝子情報の影響の他にも、男女の脳の構造自体にも性差があることが確認されています。
一般的に言われる男性脳と女性脳の異なる特徴としては、男性は空間認識に優れ、物事を論理的に思考したり分析したりすることに優れると言われます。
一方女性は、言語能力が高く、周囲との協調を図りながら円滑なコミュニケーションを築くことがうまいと言われています。
これは、女性の脳は左脳と右脳を連絡させる経路である脳梁が男性の50倍も太いためです。
女性は脳の左半球(言語、計算などの処理を司る)と右半球(感情、直感、感覚)を連絡する情報が男性に比べて圧倒的に多いので、右脳で生まれる感覚的なものや感情を、左脳が司る言語としてアウトプットすることが上手なのです。
そのため、女性はケンカをすると、「4年前の◯◯のときもそうだったけど」などと、いつまでも過去の記憶をとっさにひっぱり出してきてしまうのです。
ケンカのたびに過去の出来事をひっぱり出されることは、男性にとってはとてもストレスになるのです。
男性側からすると、「今回のケンカには無関係な過去の出来事をいつまでいつまで言っているんだ、毎回昔のことを言われるなんてウンザリだ」となります。
一方男性は、脳梁が女性に比べると50分の1の太さしかありません。そのため、右脳と左脳の情報が入ったり来たりしない分、男性の集中力は女性の50倍、ということになります。
女性が失恋をした直後や、ケンカをしていると仕事中もモヤモヤしてしまうのに対して、男性はどんな状況にいても、仕事中は仕事のことしか頭にありません。
男性の脳が仕事モードに入っているときに、女性のことが目に入っていないような様子を見て不安に思ってしまうことがあるのも、このためなのです。
そのため、「仕事と私、どっちが大事なの?」と女性がよく口にする言葉は、男性にとっては理解できないと同時にとても負担になってしまうのです。
男性は、何かに集中しているときはその対象で頭がいっぱいになっているということをきちんと理解し、彼が仕事モードに入っているときは彼の集中状態を邪魔しないように気をつけましょう。

 

 この様に、男女の考え方の違い、行動パターンの違いは非常に大きくその原因は脳の構造の違いにある事がわかれば、相手の行動や発言に怒ったり否定するのではなく、互いの事をもっと理解する為に話し合いが必要だと言う事がわかってくると思います。