私たちは、みな意地っ張りなところがありますので、人にあまり好まないのではないのでしょうか。
 しかし、ひょうきんにふるまって、周囲の人を明るくする存在を目指すのは、世渡りのコツではないでしょうか。ひょうきん者を嫌う人なのめったにいません。
 容姿が素敵でおしゃれな人間より、頭のいい人間より、明るく楽しい人間になりましょう!

すこしぐらいおしゃべりだと思われようが、陰気くさく押し黙っているような人間よりは、ひょうきん者の方が、はるかにウケがいいのは間違いありません。私たちは、カラッと晴れた天気が好きです。曇りや雨が続くと、誰しもうんざりするものです。だから、晴れたお日様の様な人柄を磨かなくてはならないのです。人から笑われる様な人間ではなく、みんなに笑ってもらえるような人を目指しましょう!

米国ハイ・ブレインズ精神健康センターのステファニー・ネメチェックは、20歳から78歳までの多くの夫婦を調べ、どういう夫婦が仲良く、円満な関係を築けているのかを調べました。
その結果、夫婦のどちらか、あるいは両方の「性格が明るい」ときに、夫婦生活が円満になる事が明らかにされました。明るくふるまっていれば、人付き合いというものは、間違いなく上手くいきます。もちろん恋人探しや恋愛にも当てはまります。
 常に周囲の人達を明るい気持ちにさせ、楽しませる事を考えましょう!
 陰気くさい人間を好きになる人など、まずいません。
 明るく、にこやかにふるまうからこそ、異性や友人はあなたに集まってきます!