こんにちは、札幌結婚相談所 ブルースターウエディングの井上です。

今回は年齢を重ねると誰もが悩む問題、体重増加の予防法についてお伝えします。

婚活の成功への近道、太らない体作りアンチエイジングの為の3つのポイント。

老廃物をきちんと排出する事、栄養バランスを整える事、そして若返りホルモンであるDHEAの分泌を促す事です。


DHEAは老化防止と脂肪燃焼の相乗効果によって太らない体をもたらしてくれるミラクルホルモンです。
これらのポイントを実施するには生活習慣に次のようなちょっとしたコツを取り入れる事から始まります。

 

①1日3回10分ずつ歩く
②食事は野菜を最初に食べるできるだけ
③夜の10時まで寝る
こんな簡単なことならあなたの体は変わって行きます。

◉その他の毎日の日常生活で意識したいポイント

《太らない体を作る頭の良い週末睡眠習慣》
1.睡眠時間が短くなっても起床時間を変えない
2.いつもと同じ時刻に起きて太陽の光で当たる
3.どうしても眠たい時は昼寝を20分程度

 

《食べても食べても太らない食べ方》
1.十分に間を置いて食べる6時間おきに3食きちんと取る
2.一気に大量に食べない1回の食事時間は最低でも20分を目安にする
3.糖質の多い食材は沢山食べない穀類、芋類、甘いものを控える

 

《体の中の太るゴミの正しい出し方》
太らない体作りで重要なのは、食べることよりもまず出すことです。
つまり体の中の掃除、消化器のリセットです。
間食をやめて、食事の間隔をあけなければなりません。

食事の間隔は6時間程度が適切です。消化器のリセットはまさに体に若さを取り戻す、太らない体を作るための体内環境の整備なのです。
そして同時に排出の機能を高める必要がります。
排泄は後回しにされやすいのですが、排便、排尿、発汗、呼気はともに老廃物や有害物を体から取り除く為の重要な手段です。

 


《排泄機能が一気に高まるマイルド断食》

正しく排泄する為の効果的な方法に、消火器を休ませ体をリセットするマイルド断食があります。それは野菜ジュースを食事代わりに、朝昼晩と飲むと言うものです。
そして翌日はお粥等消化の良い食事を取ります。この断食は老廃物を体の中から排出し、若作りに大きな効き目があります。野菜ジュースには生の野菜を使います。

 

《午前中は食べるより出すに気を付ける》
体には日内変動と言うリズムが備わっています。これをもとに考えると1日は排泄、消化、吸収の3つの時間帯に分けることができ、各時間帯で食べ方も変わります。オススメは朝は軽く、昼はしっかり、夜は軽くです。排泄の時間帯午前4時から正午まで、消化の時間帯正午から午後8時まで、吸収の時間帯午後8時から午前4時まで

朝食は軽めに、お粥に漬物それにお茶で十分です。お昼は和定食がオススメです。肉が食べたければ鶏肉がお勧めです。夜はタンパク質が豊富な食物、魚介類と豆腐、納豆など大豆食材の組み合わせは、タンパク質食材の最強コンビです。刺身と冷奴、イカ納豆といった献立を考えてください。

 

《白米、食パン、白砂糖が太るもと》
白米、食パン、白砂糖は太りやすい体を作る3大元凶です。
精製されていない穀物には、太らない体を作る上で、様々なメリットがあります。
ご飯なら玄米や発芽玄米、パンなら全粒粉パン、砂糖なら黒砂糖を取るようにしてください。白米に食物繊維が豊富な大麦を加えるのも1つの方法です。人によって好みがありますが、白米に2割ほど入れるとおいしいと言われています。