こんにちは、札幌結婚相談所 ブルースターウエディングの井上です。

今回は婚活が上手くいく人の特徴についてお話しします。

★結果を気にしすぎると婚活は上手くいかない。

婚活がうまくいかない人は、二次元で物事を考える傾向にあります。
常に善か悪か、正しいか間違ってるか、良いことか悪いことかで考えているのです。例えば占い師から、こういう人と出会いがありますと言われると、その人は良い人ですか悪い人ですか?
その人との出会いは、私にとって良いことですか?悪いことですか?と聞くのです。これに対しては答えようがないのです。

例えばお見合いに失敗する事は短期的に見ると悪いことですが、長い人生で見れば良いことだったと言うことがあります。私の会員さんでも何度もお見合いに失敗し、その時は当然落ち込みました。
しかし、多くのお見合いに失敗したからこそ、最終的には運命の人と巡り会う事が出来、現在は素敵なパートナーと幸せに暮らしているのです。直ぐにお見合いが上手くいっていたら、もしかしたら現在ほど幸せな暮らしは送っていなかったかもしれません。
今の自分を考えたときにあの失敗があったおかげで良かったと考えるのです。短期の善が長期の悪になることがあります。短期の悪が長期の善になることもあります。これが昔から言う『人間万事塞翁が馬と』言う考え方です。

★婚活で行動に移した後悔は時間とともに小さくなり、行動に移さなかった後悔は大きくなる。

後悔は1番エネルギーを消耗します。後悔には、行動に移した後悔と移さなかった後悔の二通りがあります。

婚活が上手くいく人は、行動派です。どんな些細なチャンスも見逃さず貪欲に挑んでいきます。忙しい中でも時間を作り、沢山の会員とお見合いします。
行動に移さなかった後悔は当初はほとんどゼロに近いです。行動に移して上手くいかないと、当然その瞬間は大きな後悔にさいなまれます。
ところが時間が経つにつれて両者が逆転します。やがて行動に移した後悔はどんどん小さくなるのに対して、行動に移さなかった後悔は無限にドンドン大きくなっていくのです、この差は永遠に逆転しません。
婚活中にやろうかやるまいか迷っている時は、間違いなく行動に移して下さい。行動に移した後悔は最初は大きくてもあっという間に消えてなくなります。行動に移さなかった後悔は最初は小さくても一生大きくなっていきます。すると後から、『なんであれをしてなかったんだろう』と思い出します。そうならないためにしておかないと損なのです。今行動に移した婚活中の後悔は、仮に大きくなっても何回か出るとなくなります。行動に移した後悔の減り方は単純です、1回寝ると半分になり、二回寝ると4分の1になり、寝るたびに半分になるのです。逆に行動に移さなかった後悔は寝る度に倍々で増えていくのです。

★婚活が上手くタイプ いくタイプは、10回に9回は失敗するのが当たり前と思って行動する!

婚活では、必ずしも美人やイケメンだからといって異性に好かれるとは限らない。理由は結婚を前提とした交際を、相手が望んでいるからです。
婚活では、会員が相手に求める条件は容姿だけではなく、年収や年齢、職業等無数の条件の中から自分に合った結婚相手を見つけようとするのです。

イケメンでなくても、高収入でなくても数多くの女性と交際し最終的に理想の相手を見つける事が出来る男性会員もいます。それは単にたくさん行動した男性だからです。これは別の言葉で言うとたくさんのお見合いを申し込んだ男性とも言えます。

『美人の隣に座れるのは美人に告白した男だけだ』と言う名台詞があります。これは私の好きな映画インベスターゼットに出てくる言葉です。この言葉で関連したことをホリエモンも語っています。『告白して相手にされなかったら別の美人にアタックすればいいんだよ、大事なのは行動だけ。恋い焦がれて思い悩む事に価値はない』

私も全く同意見です。こと婚活に関しては不屈の精神でチャレンジし続けた会員が勝利を得るのです。10回お見合いして、9回失敗しても1回成功すれば良いという覚悟がある会員は絶対に上手くいきます。